トップ > アンセンス代表のワイン日記 > 『なぜワインは750mlか知ってますか?』

なぜワインは750mlか知ってますか?

 
歴史的にフランスワイン、特にボルドーはイギリスが最大の消費国でした。
そのイギリスへの輸出・輸送の利便性から生まれた数字だといいます。
イギリスの単位はガロンです。1ガロンが約4.5ℓですので、
750mlx6本=4500ml 12本(1ケース)で9000ml
ボルドー樽の容量が、225ℓで750mlx300本。
ちょうど割り切れる数字で商売上、都合が良かったよです。
もう一つ、人の気持ちよく酔う度合=酩酊度も関係しているかも?
ちょうど二人でボトル1本の750mlを飲むのが1番心地よく気持ちよくなる精神状態に。

ワインは大好きな人と語り合って飲むのが一番楽しい飲み物です。

また片想いの女性を口説くアイテムとしても抜群に効果あり。

ワイン通はちょっとお洒落で余裕のある大人な男の代名詞とも言えます。
第一段階の酔い・爽快期はワイン1人で240ml(ボトル1/3)程度
第二段階の酔い・ほろ酔い期!ここが正にちょっと気分が高揚して恋に落ちやすい時。

 

ワインで換算すると1人で360~480ml程度なので2人なら720ml~960ml

まずは乾杯用にシャンパンをグラスで120ml飲んで、次にワイン1本750ml飲んだら完璧です。
後はホテルオークラのBARで続きを。
ただし、酩酊度は飲む人の体重によって若干異なります。当然身体の大きい方の方が沢山飲めて、華奢な方はあんまり。
ですので、黄金比率を割り出しました。
体重69kgの男性が443mlで気持ちよく、体重48kgの女性が307mlで心地よくなります。
合わせて750ml、69kgの男性は48kgの女性と一緒にワインをお楽しみ下さい(笑)

アーカイブ